おすすめ本

2010年03月26日

笑顔で中学受験を勝ち取る方法!

201003260937000







『笑顔で中学受験を勝ち取る方法!』

タイトルにいれましたが、「キャッチー!」な本のタイトルですよね。

働く子育て中の女性として尊敬している小巻亜矢さんといつもお世話になっている本間正人さんの共著です。


この方たちから、伺った話しで「中学受験は戦争ではない」受験戦争という言葉が、中学受験をしている親子をあおっているのです。

といった内容がすごく共感しています。


このご時世。中学受験はするご家庭は増えていると思います。確かに合格を勝ち取りたいのはみなさん同じです。

でも、戦争ではないのです。戦ってはいけないのです。

楽しく子供が勉強でき、その上で、合格をいただく。

そんな発想を持っていたので、この本の切り口は「素晴らしい」と思いました。



mirai813 at 10:06|PermalinkComments(0)

2006年11月28日

新刊発売!5

cf77e684.jpg白石まりえチャンの待望の新刊ができました。

彼女がブログで紹介しています。

この本が面白いのは、帯をなくすと真っ赤で、まりえチャンの渾身の1枚の写真が消えてしまうこと・・・・。


本の帯なしだとこんな感じです。




“お金持ちOL”の極意




まあ、ご本人のキャラクターも面白いけど、本も面白いから、是非是非、買ってよんでね。


futurecohicには、彼女の取材依頼が、日々まいこんできています。

これからが、楽しみですね!!



mirai813 at 06:59|Permalink

2006年08月30日

頭のよい子が育つ家

先日、セミナーで出版関連をしたので、これからは時々、ジャンルを問わず、気に入った本のご紹介をしていこうと思います。


その本は、




頭のよい子が育つ家



今、プレジデントファミリーとかで流行の、



どういう子が東大に入ったか?といったような類かと思ったのと、世の中



「お勉強、お勉強、 中学受験 中学受験」というムードがいかがなものか?と思っていたので、そういう風潮の内容だったら嫌だなあ?と読み進めていたのですが、作者の意図は全く違いました。




子どもに勉強したほうがいい!



とか



頭のいい子はこんな勉強部屋にするといいんだよ!



という内容かと思いきや、全く逆と言っても過言ではない内容でした。




ひとことで言うと、オビにも書いてありますが



『できる子は子ども部屋では勉強しない』といことなのです。



要は



親の目が届くリビングや、ざわざわした場所で勉強している。




・・・ということは、勉強する環境といえども



『親子のコミュニケーションが大事!』といっているのです。




これはまさに 拍手拍手!!でした。




私は常日ごろ 親子のコミュニケーションは未就学児の子育てという時代から大事だとセミナーとかでも力説していました。



さらに、小学生になっても勉強する環境ひとつとっても、親子のコミュニケーションが大事なのです。




もしかして、当たり前のことでわかっているけど・・・・



実践できていない。




これが今の日本の現状なのかもしれません。



引きこもりをつくらないためにも、この本は必読!です。




間取りとか書いてあるのですごく楽しくあっという間に読めちゃいますよ!



mirai813 at 12:27|Permalink

2006年02月01日

江原啓之さんのダイアリー5

先日、久しぶりに本屋に長居した。

最近バタバタしていたからそんな時間がとれなかったのですが、打ち合わせの合間にできた時間を利用して・・・。

(前は時間があると本屋に2時間くらい平気でいたのですが・・・)

さて、今回はまったコーナーは『精神世界』

いくつか購入したのですが、今日、ご紹介したいのはこちらです。

江原啓之の365日スピリチュアル・メッセージ―2006年度版ダイアリー



実は、当初、江原さんがマスコミに露出しはじめは、
「また、こういう人が出てきた・・」というイメージで、あまり前向きに思いませんでした。

しかし、彼は何か違うと、発言は本などから感じました。
うさんくさい・・というのが私の中ではいつのまにか消えました。

このダイヤリーは、目標としてメモしておく1年後の私、10年後の私 のように、書き込みところがあったり、デイリーの空欄には自分で自由記述みたいな箇所もあります。

しかし、私が最も面白いと思ったところは、

「ガーディアンスピリットからのメッセージを受け取る」というところです。

〜なにか迷いがある時には、心を落ち着かせ深呼吸。「アドバイスをください」と念じながら本書を開くのです。何気なく選んだページの目に飛び込んできた言葉が今のあなたに一番ふさわしいメッセージなのだそうです。

偶然はなくすべては必然。

私もいつもそう思っています。

本当にいままでも、何かしらの開いたページの言葉がヒントになっています。


スピリチュアルものはうさんくさいのではなくて、信じるものは救われるという気持ちを持って損はないのでは?と最近、急にそう思うようになってきました。


今、ちょっと自分の中のスピリチュアル性を高めようかな?と思っています。

mirai813 at 17:13|Permalink

2005年10月13日

小説にはまっています。Part25

最近、イッキ読みした本はこれです。

アッコちゃんの時代



賛否両論ありますが、実は私、林真理子さん好きなんです。
続きを読む

mirai813 at 03:46|Permalink

2005年10月11日

いまだに小説にはまっています!5

ミッキーマウスの憂鬱


『ミッキーマウスの憂鬱』松岡圭祐著続きを読む

mirai813 at 22:29|Permalink
末木佐知 プロフィール