2005年10月27日

センスのある贈り物

昨日、1年ぶりぐらいの知人と会った。
彼は、かなり面白い人生をまだ20代後半なのに歩んでいる。

学生時代に面白そうだしお金儲けになりそうだからといってカジノのオーナーに。

しかし、経営を失敗してつぶしてしまう。

カジノといえば危ない世界。借金であちらの世界の方においかけられているという現状もあるという。


しかし、そんな彼は今あらたに起業するべく今、勉強中で、なぜか不動産屋のサラリーマンをしているのでした。

今、お世話になった方々へ「お礼のあいさつまわり」を時間をみつけていているのだと言っていた。


彼は大物になるだろうな?という予感がする。


その証拠に挨拶周りといって最初にあるものをいただいた。
夢
和紙に筆文字で「夢」とかかれたものだった。


これだけでも感動だったのに家に帰ってきてから、あけてみてそのセンスのよさにびっくり。











ラッピング

箱には『日本語で一番美しい言葉をあなたへ』とかかれてあった。

ここですでに単純な私は感動していた。

夢・・・・確かにいい言葉だよね・・・なんて実感していた。





さらに箱をあけてみたらに次があった











ありがとう

『ありがとう』



このギフトを知っている?
または見つけた?

この彼のセンスに脱帽!








PS 福島県郡山市のお茶なんですよ。中身は・・・
  そこの生産者の言葉が中に冊子としてはいっています。
  生産者の顔が見えるお茶で言葉まで・・・。

  まさに これもLOHAS !

   





★ブログランキングのクリックにご協力をお願いいたします。★














mirai813 at 13:51│ ステキな人 

この記事へのコメント

1. Posted by みゆき   2005年10月27日 17:59
20歳後半?ステキな方ですね〜。
きっと、大物になるにちがいない!!
2. Posted by カジノ時代から彼を知る男   2005年10月28日 23:10
彼は昔から才能をもった人物だと思います。末木さんのお墨付きを貰いましたね!!
末木佐知 プロフィール

末木佐知